2004年06月26日

見事な見事な逆転劇 FC東京VS名古屋

babd14a8.jpg6月20日(土)J1ファーストステージ第14節。
FC東京VS名古屋の試合が味の素スタジアムで
行われた。
FC東京が2点ビハインドからの見事な逆転劇で
勝利した。
見ていてとてもスリリングないい試合だった。
この日に限っていえば、グランパスは、
FC東京の引き立て役でしかなかった。
前半は完全なグランパスペース。1点とって折り返し、
後半入って追加点。試合はこのままFC東京の
いいとこなく終わってしまう雰囲気があった。

でも、そこからFC東京の逆転劇が始まった。
ルーカスがゴールをこじ開け1−2。
「もしかしたら、行けるかも」とFC東京サポーターが
思い始めたところで、宮沢の交代投入。
ここで、サポーターの雰囲気が「一気に行ける!」
に変わった。

一人の選手の交代で、スタジアムの雰囲気が
がらっと変わるってことはよくあるだ。
同じ体験を僕自身も今年の正月にした。
今年の天皇杯決勝も、ゴン中山の投入で、
国立の空気が変わり、その後のグラウのゴールで、
磐田がC大阪に勝った。
ゴン中山は、全国的な知名度もありそれだけの
パワーを持った選手だが、正直宮沢選手は、
FC東京のサポーター以外には、それほど
知名度のある選手ではないだろう。
それでも、明らかに交代前と後では、
スタジアムの興奮度合がぜんぜん違った。

FC東京のサポーターはサッカーをよく知っていると
いわれる。よいプレーには拍手し、悪いプレーには
ブーイングを送り、あまり無駄な応援はしない。
そんなサポーターたちが、宮沢選手の交代出場を
きっかけにうまく乗って行ったと思う。
この日は、宮沢選手の交代出場で、勢いを得たサポーターの
声援を背に、FC東京の選手は、立て続けに2ゴールを奪い
3−2で逆転勝ちした。
それだけ、サポーターに愛されている宮沢選手も
幸せだろうし、そのきっかけをうまくつかんで、
見事な逆転劇が見れたサポーターも
幸せだっただろう。

サポーターとクラブの幸福な関係を、
この日味の素スタジアムで見た。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/achakun/3149332
この記事へのコメント
初めまして、先日はTBありがとうございました。
半年も前の記事にコメントするのもいかがなものかと思いますが
私もこの試合の宮沢がコーナーを蹴りに行った時のサポーターの
声援には感動してましたので、コメントさせて頂きました。

>見事な逆転劇が見れたサポーターも
幸せだっただろう。
ハイ!幸せでした!

また、よろしくお願いします。
Posted by behoimi at 2004年12月21日 13:02
>behoimiさんへ

半年前の記事ですが、コメントありがとうございます。
過去の記事でも見ていただけてうれしかったです。
Posted by あちゃくん at 2004年12月23日 13:16