2008年03月10日

ACLの副産物?

Jのクラブにとっても、

これからは、海外進出は視野に入れておかなければいけないのかもしれません。

川崎Fが香港でブレーク中、生中継で火《ニッカン》

> 川崎Fが中国・香港でブレーク中であることが7日分かった。この日等々力競技場で行われた非公開練習に、香港の新聞各社が組んだ取材団が訪れ、MF中村らに直撃インタビューを敢行。さらに9日の東京Vとの開幕戦(ホーム)も、同国の有料放送nowTVで生中継されることが決まった。 香港では2年前からJリーグの放送が始まり、週2試合が生中継され人気急上昇中。取材団の1人は「鹿島、浦和、G大阪、川崎Fが人気。特に川崎Fは点を取りに行くのでおもしろく、サポーターも多い」と話した。昨季8強入りしたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)などの戦いぶりが、開幕戦の生中継にもつながったようだ。 取材団もMF中村やFW我那覇からサインをもらうと、仕事そっちのけで大はしゃぎする熱狂ぶりだ。中村は「ACLに出たのが大きかったと思う。サポーターも増えると思うし、大事にしたい」と、アジア圏の人気拡大を歓迎していた。

たとえば、日本にいるバルサファンやミランファンが、

一度現地で見てみたいとカンプ・ノウやサンシーロを訪れる、

なんて言うのはよくあること。

それと同じように、等々力に海外からフロンターレを見にきてくれるようになると、

それはそれで、一つの地域貢献と言えるでしょう。

バスケのNBAは、姚明を使って中国市場を攻める。

野球のメジャーリーグは、イチロー・ゴジラ松井・松坂を囲って日本市場を攻める。

サッカーのヨーロッパの一流クラブは、夏のオフシーズン、

日本に出稼ぎに来る。

逆に今度は、日本のクラブが世界に打って出る。

必要な発想だと思います。

川崎が注目を集めたのも、

この記事の中で言及しているように、

昨年のACL8強入りが影響しているのでしょう。

そういった意味でも、今後ACLを戦う価値は、

上がっていくことでしょう。

水曜からACLの予選が始まります。

これに参加する、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、

そして昨年優勝したため本戦から参加の浦和レッズは、

素晴らしいサッカーを見せて、アジアの人たちに、

強烈にアピールしてきてほしいと思っています。

余談ながら、アジア進出で思い出したのですが、

そういえば、アルビレックスはシンガポールに

サッカークラブを作ったよなと思ってサイトを見てみたら、

コーチングスタッフにノリヲや鳴尾がいるし、

選手には岡山哲也がいてかなりびっくり。

アルビレックス新潟シンガポール

http://www.albirex.com.sg/index.html

<wiki版の関連記事>

[[川崎フロンターレ]]、[[アルビレックス新潟]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/achakun/51482785