2008年03月01日

Jのレフェリーの人材不足はそんなに深刻なのか? ゼロックススーパーカップ鹿島対広島

来週のリーグ開幕を控えて、1週間前の今日は、

前年のリーグチャンピオンとカップウィナーが戦う

恒例のゼロックススーパーカップ。

去年は、鹿島がその両方を取ってしまったため、

今年のスーパーカップは、カップ戦(天皇杯)の準優勝クラブ、

広島が鹿島と戦う組み合わせになりました。

風はきつかったけど、日差しが心地いい中行ってきましたよ国立競技場。

でもね、でもね、試合のほうはね、、、

Jリーグは2010年に観客動員を1100万人まで増やそうと、

現在イレブンミリオンプロジェクトを実施中。

各クラブが必死に営業努力して、

新規に見に来てくれるお役さんを増やそうとしたり、

1回見に来てくれたお客さんをリピーター化しようと頑張ったり、

観客を増やそうと努力しています。

観客を増やす努力のこれが地上戦としたら、

空中戦は、やはりテレビ放映でしょう。

普段サッカーに接することのない人たちが、

テレビ中継を見て、今度一度スタジアムに行ってみようと思ってくれたら、

非常にありがたいことです。

なかなか視聴率が取れずに地上波のテレビ中継が少ない昨今、

カップ戦の決勝や、リーグ終盤の優勝のかかった試合、

人気のあるチーム同士の試合が数試合流される程度です。

なので、テレビ中継がある試合は、貴重な機会です。

今日は白熱した試合をして、

一般視聴者にアピールするその数少ないチャンスだったはずなのです。

なのに、なのに、試合のほうはね、、、

一人の審判によって、

試合の面白みがぶち壊されてしまいました。

本日主審を務めた彼は、一昨年レフェリングが不安定だということで、

1カ月間の研修が課せられた人物。

その彼を、今年も始まるぞーって気分が高まっているこの試合に、

衆目が集まる大事な試合に、

なぜ主審として持ってくるんですか?Jリーグは。

一般のファンにとっては、誰が審判を務めるのかは、

特に話題にもならないし、関心もないのだろうけど、

サッカースタジアムに通いなれたファンにとっては、

主審が彼だと聞くと、「今日は試合がぶち壊されるな」と落胆するのです。

(ぶち壊しになった試合を楽しめる人にとっては

 それなりに面白いのだろうけれども)

今日も(ある意味)期待通りに、

*カードを連発し、

*前半早々に鹿島から退場者を出したかと思えば、

*帳尻を合わせるように前半終了間際、広島からも退場者を出し、

*試合の半分以上10人対10人の試合を見せ、

*よく分からないところでPKを取り、

 (これは、僕から見て反対側のゴールだったので

  ファウルかどうかがわからなかったのだけれど)

*最後のPK戦では、

 (傍から見ていると鹿島に嫌がらせをしているというか思えないのだが)

 2回キーパーのファウルを取って、広島のやり直しを認めたり、

*PK戦の決着がついた後、

 抗議に来た鹿島の選手に最後の締めとして

 赤紙1枚、黄紙2枚の乱発ぶり。

と、やりたい放題やってくれました。

2008 ゼロックススーパーカップ 結果《J'sゴール》

勝った広島にケチつけるつもりは毛頭ないし、

勝ったことを祝福したい気持ちいっぱいだし、

負けた鹿島のサッカーもよかったと思うし、

前年の覇者として今年もやってくれそうな期待感いっぱいだし。

けどけど、全然すっきりしないんだよなー。

リーグとしては、イレブンミリオンプロジェクトを完遂するためには、

今日のような晴れの舞台には、クオリティの高い試合を持ってきて、

存分にアピールするべきなのに、

なぜ試合のクオリティを下げることしかできない彼を主審に持ってくるんですか?

Jリーグは、本当にこの試合を大事に考えていたのでしょうか?

それとも、イレブンミリオンプロジェクトを完遂する気がないのでしょうか?

それとも、彼よりもましな審判が本当にいないのでしょうか?

イレブンミリオンプロジェクトは、スポーツで豊かな国になるために、

必要な一里塚だと僕は考えています。

だからこそ、たかが1試合の一人の話かもしれないけれど、

このままでいいとは全然思えないのです。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/f/e/febd6101.jpg

↑試合前、整列する両軍の戦士たち。いやがおうにも気分が高まります。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/4/24c6ce6a.jpg

↑ビックフラッグで盛り上げる鹿島サポ。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/4/747724d2.jpg

↑対するこちらは広島サポ。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/c/c/cc6ab838.jpg

↑広島のキックオフで試合はスタート。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/5/7/57ba82fa.jpg

↑カードを連発する、ある意味今日の主役さん。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/e/c/ec06b8d0.jpg

↑本山のファインゴールで先制点を奪い、喜ぶ鹿島の選手たち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/d/e/de14af8c.jpg

↑久保のPKで、1−2と1点差に。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/9/49417244.jpg

↑同点となるヘッドを決め、コーナー付近で喜ぶ寿人たち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/c/7c141051.jpg

↑PK戦。最後のキッカー寿人が決めて、広島勝利!

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/a/c/acf0f827.jpg

↑PKを決めて仲間のもとに駆け寄る寿人。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/b/d/bd4dec12.jpg

↑試合後乱入する鹿島サポ。気持ちは分からなくはないが、絶対にやっちゃダメだって。

<wiki版の関連記事>

[[鹿島アントラーズ]]、[[サンフレッチェ広島]]、[[私の観戦記]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  

Posted by achakun at 18:10Comments(8)TrackBack(0)

2007年12月22日

サンフレッチェ、社長をレンタル移籍から呼び戻し

サンフレッチェ広島は、J2に降格をした責任を取って、

現経営陣が総退陣し、ザスパ草津に出向していた、

本谷氏が代表取締役になります。

''サンフレ広島の新体制発表《中国新聞》''

> サッカー・Jリーグで来季、2部(J2)へ降格するサンフレッチェ広島は19日、フロントの新体制を発表した。久保允誉社長(57)と下村孝生専務(53)の両代表取締役ら常勤取締役6人が総退陣。本谷祐一氏(53)=デオデオ取締役=が新たに代表取締役社長へ就任する。1年での1部(J1)復帰へ向けた新体制は、27日付でスタートする。久保社長は代表権のない取締役会長になる。~~ ~~ 本谷氏は1978年に家電量販のダイイチ(現デオデオ)に入社。98年から約2年半、サンフレッチェ広島の取締役事業本部長などを歴任。2005年から今年2月まで、J2ザスパ草津の代表取締役専務などで経営再建に当たった。

サンフレッチェとしては、他クラブにレンタル移籍した経営者を

戻したという感覚なんでしょう。

今後、こういった経営者の移動は、

今よりも頻繁になっていくのでしょう。

ザスパの前社長大西さんが倒れられた後を引き継いで

代表取締役専務を務め上げ、黒字化するなど手腕を発揮した本谷氏が、

広島をどう再建するか、楽しみにしています。

<blog版の関連記事>

ザスパの新社長に武尾誠氏

(↑この中で本谷さんのことについてちょこっと触れています)

<wiki版の関連記事>

[[サンフレッチェ広島]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 14:22Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月07日

入替戦と観客動員の関係

今シーズンの入替戦は、第1戦、昇格を狙う京都が2-1で先勝しました。

''田原が意地の2得点で大暴れ!J2京都が先勝で昇格王手《サンスポ》''

個人的に気になっているのは、明日の広島での試合はどれだけ入るのかということ。

いままでの入替戦の実績を見てみると、

~日付 開始時刻 競技場 入場者数 ホーム スコア アウェイ
right:2004/12/4 right:13:03 博多の森 right:20,522人 [[アビスパ福岡]] 0-2 柏レイソル
right:2004/12/12 right:15:04 日立柏 right:13,149人 [[柏レイソル]] 2-0 アビスパ福岡
right:2005/12/7 right:19:04 小瀬 right:12,372人 [[ヴァンフォーレ甲府]] 2-1 柏レイソル
right:2005/12/10 right:15:04 日立柏 right:12,013人 [[柏レイソル]] 2-6 ヴァンフォーレ甲府
right:2006/12/6 right:19:02 神戸ウイング right:12,009人 [[ヴィッセル神戸]] 0-0 アビスパ福岡
right:2006/12/9 right:16:04 博多の森 right:13,102人 [[アビスパ福岡]] 1-1 ヴィッセル神戸
right:2007/12/5 right:19:06 西京極 right:12,637人 [[京都サンガ]] 2-1 サンフレッチェ広島

だいたい04年の福岡を除いて1万人前半の客の入りとなっています。

スタジアムのキャパの問題や天候の問題、初戦は平日開催ということもあって、

昇格・降格が決まるドラマティックな試合のわりには

全て満員というわけではないようです。

ただ、明日は、巨大なキャパがある広島ビックアーチでの開催。

天気も悪くなさそうだし、どれだけのお客様が来るのでしょうか。

ちなみに、入替戦の入場者数と

その年のホーム平均観客動員数を比較する表を作ってみました。

~日付 カテゴリー ホーム 入替戦入場者数 平均入場者数 差引数
right:2004/12/4 J2 [[アビスパ福岡]] right:20,522人 right:8,743人 right:11,779
right:2004/12/12 J1 [[柏レイソル]] right:13,149人 right:10,513人 right:2,636
right:2005/12/7 J2 [[ヴァンフォーレ甲府]] right:12,372人 right:6,931人 right:5,441
right:2005/12/10 J1 [[柏レイソル]] right:12,013人 right:12,492人 right:▲ 479
right:2006/12/6 J2 [[ヴィッセル神戸]] right:12,009人 right:6,910人 right:5,099
right:2006/12/9 J1 [[アビスパ福岡]] right:13,102人 right:13,780人 right:▲ 678
right:2007/12/5 J2 [[京都サンガ]] right:12,637人 right:6,870人 right:5,767
right:2007/12/8 J1 [[サンフレッチェ広島]] right:? right:11,423人 right:?

これで見ると、J2のクラブは平日開催にもかかわらず、

入替戦では観客動員数を増やしているのに対して、

J1のクラブはそれほど増やしてません。

というか05年、06年については、入替戦のほうが平均を下回っています。

その結果と相関があるのかもしれませんが、

J1のクラブが降格の憂き目にあっています。

今年の広島の平均観客動員数は、11,423人です。

どれだけの観客が来るのか、明日は注目してみてみます。

<wiki版の関連記事>

[[サンフレッチェ広島]]、[[京都サンガ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 08:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月28日

サンフレッチェ、デオデオから5億円の追加出資

サンフレッチェ広島は、広島地盤の家電量販店デオデオから、

5億円の追加出資を受けることになりました。

''サンフレ筆頭株主に デオデオ5億円追加出資《中国新聞》''

> サッカー・Jリーグ1部(J1)のサンフレッチェ広島(広島市西区)は二十六日の臨時株主総会で、家電量販のデオデオ(中区)を引受先とする約五億円の第三者割当増資を決めた。資本金は二十一億一千五万円でデオデオの出資比率は39・85%となり、マツダの21・37%を抜いて筆頭株主となる。~~ ~~ サンフレッチェの新株一万四千六百株をデオデオが五億五万円で取得する。サンフレッチェは経営安定化や戦力の維持、選手補強など中長期的なチームづくりに充てる。複数の主要株主に要請し、デオデオが応じた。~~ ~~ サンフレッチェは二〇〇六年二月期決算で四億九千八百万円の経常損失を計上。二期連続の赤字となり、増資前の資本金十六億一千万円に対し、あと十四万円で債務超過に陥る状況だった。外国人選手の獲得などに伴う借入金約四億七千万円の返済も来年と再来年に迫っていた。~~ ~~ サンフレッチェの久保允誉社長(デオデオ会長)は「来季も主力選手を放出することなく、ペトロビッチ監督の希望に添う選手の補強もしたい」としている。今期は入場料や広告料収入増で一億円の増収と、選手の人件費圧縮などで約二億円の経費削減を見込み、三期ぶりの黒字転換を目指す。

先日サンフレッチェに関しては、

前期5億円の赤字ということが分かりましたが、

サンフレッチェは5億の赤字《拙ブログ》

それを穴埋めするための追加出資ということなんでしょうか?

広島の前期の決算を見てみると、

([[サンフレッチェ広島2006年決算数値]])

繰越利益剰余金が16億のマイナスまで膨らんでいるので、

根本的な建て直しが必要なんでしょうね。

<関連記事>

株式会社サンフレッチェ広島 増資についてのお知らせ《J's goal》

<wiki版の関連記事>

[[サンフレッチェ広島]]

ネットの本屋さんはじめました。

Jリーグ100チームを目指してBookStore

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

△ビジネス情報ならこちら!ビジネスブログランキング100選△

  
Posted by achakun at 08:46Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月25日

地元の高校生、サンフレッチェの体ケアの方法学ぶ

サンフレッチェ広島が、地元の広島国際学院高に

トレーナーと選手を派遣し、スポーツ選手の身体ケアの秘訣を学ぶ

特別講座を実施しました。

''サンフレの特別身体ケア学ぶ《中国新聞》''

> Jリーグのサンフレッチェ広島のトレーナーに、スポーツ選手の身体ケアの秘訣(ひけつ)を学ぶ特別講座が23日、海田町の広島国際学院高であり、生徒ら約100人が参加した。サンフレトレーナーの野村博幸さん(44)と、U―20日本代表候補になったことがある中尾真那選手(21)が、ストレッチやけがの応急処置法などについて実演を交えて紹介。野村さんは、食事と休養の大切さも強調した。

トッププロスポーツ選手のノウハウが、

広く共有されることは、日本のスポーツの発展に非常にいいことだと思います。

こういったことを通して、怪我で選手生活を棒にする選手が少なくなって、

一生がスポーツを楽しめるようになればいいですね。

<wiki版の関連記事>

[[サンフレッチェ広島]]

ネットの本屋さんはじめました。

Jリーグ100チームを目指してBookStore

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

△ビジネス情報ならこちら!ビジネスブログランキング100選△

  
Posted by achakun at 06:26Comments(0)TrackBack(0)