2008年11月03日

リーグ戦のほうが大事だと分かってはいても 天皇杯4回戦仙台対F東京

リーグ戦のほうが大事だと分かってはいても、

勝ち進んだら日程がタイトになることが分かっていても、

こういった気持ちの入ったいい試合を見せられたら、勝ちたかったな、

そんな思いが生じた試合でした。

天皇杯4回戦 ベガルタ仙台対FC東京@味の素スタジアム

前半立ち上がりから、ベガルタの選手は動きはよかったですよ。

東京・平山のシュート(というか胸トラップ?)で先制されてからも、

押し込む場面が多かったですよ。

それを東京がいなすような展開でしたが、

後半、ようやく左の崩しから中原のシュートが決まって、

同点になった頃から東京側も本気になった感がありました。

その後もチャンスは作っていたけど、

なかなかゴールは割れませんでした。

後半ロスタイムに、再度平山にゴールを入れられて、

試合は決してしまいましたが、

相手との差は感じたけど、愕然たる差ではないな。

そんな感じがしました。

こういった相手と来年試合をやること目指して、

残りのリーグ戦、勝ち抜いて昇格してもらいたいですね。

あぁ、それにしても、

勝てるもんなら勝ちたかったな。

↓今日集まったベガルタサポーター

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/4/74cb0759.jpg

↓東京のキックオフで試合開始

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/a/4/a40e4ae0.jpg

↓中原も高さでは勝っていました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/3/7/37458e47.jpg

↓後半の中原のこのヘッドも惜しくも枠外

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/a/9acb8e5e.jpg

↓同点ゴールを決めた中原を祝福する選手たち

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/7/47e6a871.jpg

↓中原との交代で入った由紀彦。いきなりFKを蹴ったけど、直樹のヘッドにバッチリあったけど、キーパーの正面でした。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/0/3/039f46f8.jpg

↓裕希も再三ゴールに迫ったけど、キーパーの好守にあって得点ならず。でも、動きはよかったです。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/0/5/05fa3f95.jpg

↓試合後挨拶に来た選手たち。この試合の悔しさは昇格で晴らしてくれ。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/6/b/6bc8e1e7.jpg

<wiki版の関連記事>

[[ベガルタ仙台]]、[[FC東京]]、[[私の観戦記]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  

Posted by achakun at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月17日

レッズ、らしい勝ち方で鹿島追走 J1第21節FC東京VS浦和

2位浦和レッズをホームに向かえ、

何とか勝って上位に喰らい付いていきたかったFC東京。

前半はけっこう攻勢だったし、

浦和の高原が2回、ポストとバーに当てていたし、

このまま行けば先制点が取れるかなと思ったんだけどね。

後半始まってすぐ、田中達也がクロスバーに当てたところで、

このまま流れは東京かと思ったんだけど、その後膠着状態に。

後半20分ごろ、

高原に代えてポンテを入れた時点で、

流れは再び浦和の方に傾き、

この後、すぐに相馬のゴールが生まれました。

それまでは、真ん中で持てるMFが居なくて、

なんとなく個人の力量頼みだったけど、

ポンテが入ってボールの落ち着きどころができたって感じでした。

やっぱり浦和の攻撃陣に必要なプレーヤーは、

高原じゃなくてポンテなんだなと実感させられました。

後は、浦和の堅牢な守備陣がべたべたにゴール前を固めて、

お得意の勝ちパターンになって、

勝点3をもぎとっていきました。

FC東京のほうは、浦和の守備陣を崩すために、

平山の高さを活かすのか、

赤嶺、川口らのスピードを活かすのか、

もうひと工夫ふた工夫あればという感じでした。

現状のチーム力を考えれば、

まぁ妥当な結果なのかなという気がしました。

普段J2を見慣れているものとしては、

スルーパスに抜け出す田中達也を、

それを上回る速さで先回りし防いでいた茂庭のスピードに驚きました。

やっぱりJ1でやるためには、DFにもあの速さが必要なんだね。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/e/7/e7e69446.jpg

↑アウェーでもゴール裏を受けつくすレッズサポ。

 ゴール裏全体で飛び跳ねていたので、

 迫力ありました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/5/8/5894cde8.jpg

↑後半開始のキックオフ。

 田中達也は、自慢のスタミナで、チャンスを作ったり、

 相手ボールをチェイスしたり頑張りが見えたけど、

 高原のほうは、見せ場2回を外して、ほとんど存在感なしでした。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/d/e/de308c6b.jpg

↑ゴール前をがちがちに固めるレッズ。

 なかなかこの守備陣を破るのは大変だろうなぁ。

<wiki版の関連記事>

[[FC東京]]、[[浦和レッズ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月03日

FC東京の新社長に村林さん

FC東京の新社長に、村林裕常務取締役が、

内部昇格で就任することになりました。

''東京の前取締役村林氏が社長に就任《ニッカン》''

> 東京が1日、1月末まで取締役専務を務めた村林裕氏(54)の代表取締役社長昇任を発表した。この日、東京・小平市内のクラブハウスで会見に臨んだ同氏は「城福監督のもと、今季は期待できるシーズンだと思っています。チームとともに戦っていきたい」と話した。~~ ~~ 村林氏は76年に慶大商学部を卒業。東京ガス、ザ・コンランショップゼネラルマネジャーを経て、97年から東京に在籍。クラブの創設事務局長や常務、専務を歴任した。また、前社長の椿原正浩氏は取締役として引き続きクラブの運営に携わる。

村林氏は、サポーターと居酒屋談義でクラブの将来を語っていることが

メディアで取り上げられたりして、

ある意味以前の社長よりも目立っていた方です。

FC東京は、原監督体制が終わり、

また新たな方向性を出していかなければならない時期です。

村林新社長のかじ取りを注目してみていきたいと思っています。

<関連リンク>

「ペーニャ制度」〜日本のスタジアムに活気をもたらすには(1/2)FC東京 村林裕専務インタビュー 《スポナビ》

「ペーニャ制度」〜日本のスタジアムに活気をもたらすには(2/2)FC東京 村林裕専務インタビュー《スポナビ》

<wiki版の関連記事>

[[FC東京]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 14:58Comments(0)TrackBack(0)

2007年10月03日

FC東京が南武線を広告ジャック

今年から川崎フロンターレとFC東京の試合は、

「多摩川クラシコ」と銘打たれて行われています。

10月28日に味スタで行われる多摩川クラシコに向けて、

FC東京は、川崎のホームを走る南武線に

車内広告を出すようです。

''FC東京が敵地路線ジャック!多摩川クラシコ・川崎戦をPR《サンスポ》''

> “FC東京電車”が敵地をジャックする。FC東京が28日に“多摩川クラシコ”と銘打って行うホームの川崎戦(味スタ)に向け、川崎−立川間をつなぐJR南武線の車両内に告知ポスター=写真=を掲載することが2日、分かった。南武線は川崎のホームタウンの川崎市内を中心に走る路線で、敵地路線に広告を出すのはJリーグでは初。総予算は1試合の宣伝費としては破格の500万円で、14日から2週間展開される。

1試合の宣伝費としては、破格の500万円をかけるそうです。

相手チームのホームタウンに広告を出すなんてJリーグでは初だそうですが、

結構思い切ったことしますね。

この効果によってどれだけ人が集まるのか、

注目してみてみたいと思います。

<wiki版の関連記事>

[[FC東京]]、[[川崎フロンターレ]]

ネットの本屋さんはじめました。

Jリーグ100チームを目指してBookStore

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

△ビジネス情報ならこちら!ビジネスブログランキング100選△

  
Posted by achakun at 12:54Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月21日

西に漢(オトコ)を感じました J1第3節FC東京対磐田

福西の前所属チームと現所属チームの戦い。

J1第3節FC東京対ジュビロ磐田@味の素スタジアム。

激しいバトルを期待していたんだけど、

前半は拍子抜け。

ジュビロがボールポゼッションで上回り攻め込むものの、

がっちり守備を固めたFC東京の前に、

ボールを横に回すばかり。縦へのボールがなかなか入らない。

そんな硬直した状態が前半30分過ぎまで続く。

そんなバランスが崩れたのはジュビロのファブリシオの退場。

これにより、10人対11人になり、

FC東京にも攻め込む隙が生まれる。

が、得点は生まれず、そんな感じでスコアレスで終了。

後半が始まってからは、FC東京の攻勢な時間が続く。

それを川口を中心とした守りでしのぐジュビロ。

その中でも特に僕の目を引いたのは、

西と太田の献身的な前線からのチェイシング。

これが後ろで守る他の選手の精神的な負担のかなり軽くしていましたよ。

FC東京は、平山、馬場、ワンチョペと、

次々に攻撃的な選手を送り出し、

ゴール前にクロスを雨あられと降らし、

パワープレーで攻め込むが、ジュビロの守備は破綻しない。

FC東京の一方的な攻勢な展開だったけれども、

得点を挙げたのはジュビロの方。

時計が残り10分を指したところ、

右サイドで得たFKを鈴木秀人がヘッドで合わせて先制。

ジュビロ1-0FC東京。

その後もFC東京の攻めをジュビロが

全員で体を張ってしのぐ展開が続く。

途中、西がファウルを受けて担架で運ばれる。

ピッチの外に出たあと、すくっと立ったので、

時間稼ぎかと思ったけど、

その後も足引きずりながら、前線からのチェイシングを続ける西。

すでに交代枠を使っていたため、交代することもできない中、

本当に献身的に走ってましたよ。

そんな西の姿に漢を感じました。

そのままの状態で終了の笛が吹かれて、1−0で終了。

FC東京の攻撃力は不発だったし、

ジュビロの華麗なパスサッカーは見られなくて

その点では不満だったけど、

でも、泥臭く勝ちを求めたジュビロは良かったですよ。

世代交代のさなかにあるジュビロ。

ここしばらくは厳しい戦いが続くでしょうけど、

新たな可能性は感じましたよ。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/3/a/3a5db2ad.jpg

↑試合前、盛り上がるFC東京サポーター

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/6/c/6c5faae8.jpg

↑前半は、ジュビロが攻め、FC東京が耐える展開

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/8/980b60ae.jpg

↑CKから攻めるFC東京

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/5/2509baa6.jpg

↑ゴールが決まって喜ぶジュビロサポーター

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/6/a/6a68876a.jpg

↑献身的なチェイシングを続ける西

<wiki版の関連記事>

[[ジュビロ磐田]]、[[FC東京]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在95位。(2007/03/21 09:30確認)

  
Posted by achakun at 10:06TrackBack(0)