2007年12月03日

一年間お疲れ様でした。J2第52節仙台対徳島

内容から言えばダメダメな試合でした。

あんなに連動性のない徳島に対して、

数多くチャンスをつくりながらも、

2点しか決められませんでした。

2-0の勝利とはいえ決してほめられるような試合ではありませんでした。

それでも、昇格を逃したとはいえサポーターの一年間のねぎらいと感謝が

充ち満ちたスタジアムは一体感があってとても心地がよかったです。

試合後、徳島へレンタル中でそのまま退団となる熊林が

サポーター席に挨拶にきたり、

退団する選手たちを他の選手が胴上げしたり、

こんな温かいホーム最終戦に立ち会えて、

とても幸せな気分でした。

来年の最終戦も、ぜひとも、このような腑陰気の中で迎えたいと思いますし、

そのときには昇格の喜びが加わっていることを

切に切に望んでいます。

【追記】

試合後、ロペスとジョニウソンの契約終了が発表されました。

とても残念ですけれど、今後のふたりの活躍(できれば違うリーグでの)を

期待しています。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/b/f/bf85aff3.jpg

↑昇格を逃してしまったにもかかわらず、多くの観客が集まりました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/f/7f829c3e.jpg

↑今シーズン最後の試合のキックオフ

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/3/a/3a5d9a96.jpg

↑後半、ロペスのヘッドが決まって、先制。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/6/96c10d29.jpg

↑得点が決まって抱き合って喜ぶ選手たち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/3/c/3c688882.jpg"

↑この日はジョニウソンの動きのよさが目立ってました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/b/9b27cad3.jpg

↑この後の中島のヘッドはキーパー正面。中島自身1点でも決めていれば、雰囲気も変わってきたんだろうけれども。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/b/9bc1bc06.jpg

↑この後の萬代のボレーで追加点。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/f/9f4ac94e.jpg

↑得点を決めた萬代を祝福する選手たち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/8/a/8a8a75ce.jpg

↑試合は2-0で終了。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/1/9/19423896.jpg

↑試合後サポーター席に挨拶に来た熊林。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/1/a/1a5231a6.jpg

↑試合後のセレモニー。挨拶する名川社長。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/1/b/1b76adf7.jpg

↑望月監督の挨拶。ぜひ来年は、J1に導いてほしい。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/f/c/fc0edbf0.jpg

↑選手会長磯崎の挨拶。今期は安定感が増しました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/0/1/015045e4.jpg

↑「このチームで来年も、共に」僕も同じ気持ち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/1/7159d450.jpg

↑バット型の風船でサポータを盛り上げる岡山。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/3/1/3131ab1f.jpg

↑退団が決まったロペス。新天地でも頑張れ。

<wiki版の関連記事>

[[ベガルタ仙台]]、[[徳島ヴォルティス]]、[[私の観戦記]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/1/41fddefb.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

  

Posted by achakun at 07:21Comments(0)TrackBack(5)

2006年03月12日

ブラジルトリオ揃い踏みで快勝。J2第2節仙台対徳島

最高のスタートが切れました。

30' ロペス

35' チアゴ ネーヴィス

55' ロペス

65' ボルジェス

新加入したブラジル人トリオが、

全員得点しての4−0.

開幕戦にこんな快勝した事ってあったっけ?

昨年苦杯をなめさせられた徳島相手に

このスコアは意味があります。

このままロケットスタートを決めてくれ!

前節快勝した、東京Vも草津も札幌も、

今節は負けました。

混戦のJ2。

次節ホームの開幕戦、

柏戦も勝って、ズゴーンと抜け出してくれ!

<wiki版の関連記事>

[[ベガルタ仙台]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在39位。(2006/03/12 00:00確認)

  
Posted by achakun at 00:38Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月11日

結果だけ見ればヴェルディの快勝 J2第1節東京V対徳島

一週間も前の話になってしまいましたが、

Jリーグの開幕戦、東京ヴェルディ対徳島ヴォルティス@国立に行ってきました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/8/4/845f9a72.jpg

緑のフィールドを駆け巡る選手を眺めながら、

温かい日差しの中、ビーを飲む快感味わってきました。

試合のほうは、結果から見れば、

4-1でヴェルディの快勝。

だけどそれほどまでの力の差は感じなかったなぁ。

新加入の選手が多すぎて、

去年のヴェルディとはぜんぜん違う感じ。

やっているサッカーも、

パスは回らないし、セカンドボールは取られるし、

得点もセットプレーからだし、

昔からのヴェルディらしさは感じられませんでした。

チームとしてもフィットしてくるのには時間がかかるのかな。

その中でもFKを直接決め、

2アシストを記録した大橋選手は光っていたなぁ。

一方徳島は、負けてしまったけど、

センターFWの羽地を活かして、

2シャドーの片岡と玉乃が押し上げるという

チームコンセプトがしっかりしていました。

特に玉乃はヴェルディにいた時より

のびのびしていた感じ。

前半いい感じで先制したのに、

ロスタイムに追いつかれて、

そこで気持ち的に切れちゃったのかな。

後半は、ヴェルディの個人の力と

セットプレーという飛び道具にやられた印象でした。

前半40分、玉乃がシュミレーション取られたプレーで

PKになっていたら、

逆の結果になっていたのでは、と思わせるくらい

徳島はいい感じのサッカーしてました。

さて、今日、

われらがベガルタは、

アウェーでこの徳島と戦います。

昨年徳島をホームに迎えての開幕戦で

0-3で負けたのがけちのつけはじめだった昨シーズン。

今シーズンは幸先のいいスタートをぜひ切ってもらいたいと思います。

<wiki版の関連記事>

[[東京ヴェルディ]]、[[徳島ヴォルティス]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在47位。(2006/03/11 09:30確認)

  
Posted by achakun at 09:46Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月13日

ヴォルティスでもアマチュア部門設立。

徳島ヴォルティスは、

今まで徳島県社会人リーグ1部で活動してきた

「徳島ヴォルティス・カバロス」を傘下に加えて、

今期2006シーズン四国リーグ参戦とともに

チームの名称を「徳島ヴォルティス・アマチュア」に変更します。

''徳島ヴォルティス・アマチュア セレクションのご案内《ヴォルティス公式》''

このチームも将来的には

JFL入りを目指して活動するようです。

ジェフのアマチュア部門(今期からJFLで戦うジェフ・クラブ)に

刺激受けたんでしょうね。

こういったアマチュア部門を持つことも、

地域密着として大きな役割を果たすことになるでしょう。

この動きも、他のクラブに波及していって欲しいですね。

<wiki版の関連記事>

[[徳島ヴォルティス]]

[[ジェフ千葉]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在41位。(2006/02/13 12:30確認)

  
Posted by achakun at 13:09Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月30日

ヴォルティスの経済効果は15億円

今年、Jリーグ入りした徳島ヴォルティスの

その経済効果は、約15億円と徳島経済研究所が発表した。

経済効果は15億2千万円超 J2初参戦の徳島ヴォルティス《徳島新聞》

プロ野球のチームが優勝した時の経済こうかなどと比べてしまうと

少ない感じがしてしまうが、

それよりも、地元の人たちが、

徳島を愛する気持ちを表現する具体的な対象をもてたことが、

何よりも大きいことだと思う。

<wiki版の関連記事>

[[徳島ヴォルティス]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在36位。(2005/12/30 14:00確認)

  
Posted by achakun at 15:22Comments(2)TrackBack(1)