2008年08月17日

レッズ、らしい勝ち方で鹿島追走 J1第21節FC東京VS浦和

2位浦和レッズをホームに向かえ、

何とか勝って上位に喰らい付いていきたかったFC東京。

前半はけっこう攻勢だったし、

浦和の高原が2回、ポストとバーに当てていたし、

このまま行けば先制点が取れるかなと思ったんだけどね。

後半始まってすぐ、田中達也がクロスバーに当てたところで、

このまま流れは東京かと思ったんだけど、その後膠着状態に。

後半20分ごろ、

高原に代えてポンテを入れた時点で、

流れは再び浦和の方に傾き、

この後、すぐに相馬のゴールが生まれました。

それまでは、真ん中で持てるMFが居なくて、

なんとなく個人の力量頼みだったけど、

ポンテが入ってボールの落ち着きどころができたって感じでした。

やっぱり浦和の攻撃陣に必要なプレーヤーは、

高原じゃなくてポンテなんだなと実感させられました。

後は、浦和の堅牢な守備陣がべたべたにゴール前を固めて、

お得意の勝ちパターンになって、

勝点3をもぎとっていきました。

FC東京のほうは、浦和の守備陣を崩すために、

平山の高さを活かすのか、

赤嶺、川口らのスピードを活かすのか、

もうひと工夫ふた工夫あればという感じでした。

現状のチーム力を考えれば、

まぁ妥当な結果なのかなという気がしました。

普段J2を見慣れているものとしては、

スルーパスに抜け出す田中達也を、

それを上回る速さで先回りし防いでいた茂庭のスピードに驚きました。

やっぱりJ1でやるためには、DFにもあの速さが必要なんだね。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/e/7/e7e69446.jpg

↑アウェーでもゴール裏を受けつくすレッズサポ。

 ゴール裏全体で飛び跳ねていたので、

 迫力ありました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/5/8/5894cde8.jpg

↑後半開始のキックオフ。

 田中達也は、自慢のスタミナで、チャンスを作ったり、

 相手ボールをチェイスしたり頑張りが見えたけど、

 高原のほうは、見せ場2回を外して、ほとんど存在感なしでした。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/d/e/de308c6b.jpg

↑ゴール前をがちがちに固めるレッズ。

 なかなかこの守備陣を破るのは大変だろうなぁ。

<wiki版の関連記事>

[[FC東京]]、[[浦和レッズ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  

Posted by achakun at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

2008年06月11日

こんなこと考える浦和サポは、♪バッカじゃなかろかルンバ♪

サポティスタさんで知ったニュース。

ごくごく一部の浦和サポさんだと思いますが、

アジア一になったクラブのサポさんとしては、

恥ずかしい限りですね。

スタジアムを360度、赤で埋め尽くそう《サポティスタ》

普段はアウェイサポーターが入る席を、

全部レッズサポーターが入れるようにして、

スタジアムを360度、浦和サポで埋め尽くそうと考えているサポさんがいて、

署名活動をしているんだそうです。

署名活動をしているページ

南もレッズで埋めつくそう

なんで、こんな発想になるんでしょうね。

自分と考えの違うものは認めない、排除したいって発想は、

幼稚としか思えないんですけど。

ルールとして、Jリーグ規約の中に、

>第34条〔ビジタークラブのための観客席の確保〕~~Jクラブは,対戦チームの所属するJクラブ(以下「ビジタークラブ」という)を応援する観客のために,適正な数の席を確保しなければならない.

とあるので、

現実には、この浦和サポさんたちが主張していることは、

いくら署名活動をしてもできませんが、

このルールの背景にある精神をこのサポさんたちが

理解していないことが残念ですね。

背景にある精神それは「スポーツマンシップ」です。

「スポーツマンシップ」、

それは、戦う相手を尊重し、審判を尊重し、ルールを尊重すること。

この浦和サポさんたちには、

広瀬一郎さんの[[スポーツマンシップを考える]]を読んで、

「スポーツマンシップ」についてきちんと理解したうえで、

浦和レッズをサポートしてもらいたいな。

<関連リンク>

[[Jリーグ規約>http://www.j-league.or.jp/aboutj/2007pdf/04.pdf#search='Jリーグ規約']]

<blog版の関連記事>

いま改めてスポーツマンシップについて考えてみる。

<wiki版の関連記事>

[[コンサドーレ札幌]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 08:32Comments(5)TrackBack(0)

2008年03月17日

浦和レッズ、オジェック監督を解任。



浦和レッズは、オジェック監督の解任と、
後任にエンゲルスコーチの昇格を発表しました。

2試合目での解任は、J1では最速だそうです。
確かに、オジェックのサッカーは、
昨年アジアチャンピオンという結果は出しましたが、
あまりいいサッカーをしていたようには感じませんでした。
試合後の選手のコメントを聞いても、
監督と選手の間に円滑なコミュニケーションがあるようには感じられませんでした。

その意味では解任やむなしとも思いますが、
それであれば、シーズン入る前に監督を交代しておくべきでしょう。
レアルが、リーグ優勝という結果を出していたけど、
面白くないサッカーをしているとして解任したカペッロのように。

ただ、J2では、開幕1試合で監督を交代し、
その年J2優勝を果たした横浜FCのような例もあるので、
横浜FC、たった1試合で監督解任。《拙ブログ》
一概に悪いことだとは言えませんが。

しばらくは、浦和フロントの判断、
エンゲルスの手腕を見守りたいと思います。





blog_ranking_banner

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○  
Posted by achakun at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月16日

浦和レッズ、クラブワールドカップで3位

クラブワールドカップ3位決定戦で、

アジア代表浦和レッズは、アフリカ代表エトワールサヘルを

PK戦の末破り、3位となりました。

''PK決着!浦和アジア勢最高の3位《スポニチ》''

2ゴールあげたワシントンの姿を見て、

彼のために勝てて、本当によかったと思いました。

しかし、テレビで連呼していた「世界3位」という称号は、

かなり違和感がありました。

ミランやボカ以外にも、

ヨーロッパや南米にはレッズよりも強いチームが

いくらでもあるだろうからね。

でも、この日の勝利は日本のクラブが、

世界の歴史に刻んだ大きな一歩です。

この一歩に続くJのクラブがどんどんと出てくることを、

期待しています。

<wiki版の関連記事>

[[浦和レッズ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 23:51Comments(0)TrackBack(11)

2007年12月11日

レッズ快勝!次はミランだ。

クラブワールドカップで浦和レッズが、

イランのセパハンを破り、準決勝進出を決めました。

''浦和、セパハンに快勝! 準決勝でACミランと対戦《サンスポ》''

日本のクラブが、世界のトップクラスと

日本でガチで勝負ができるなんてほんと素晴らしいです。

ナショナルチームは、ワールドカップなどで、

世界レベルを体験していますが、

クラブレベルでは、実質的には初めてでしょう。

13日、世界との差がどれだけあるのかないのか、

楽しみに見させてもらいます。

<wiki版の関連記事>

[[浦和レッズ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 00:32Comments(0)TrackBack(6)