2008年09月21日

鹿島サポーターの暴挙

柏対鹿島戦が行われていた日立台での

鹿島サポーターの暴挙。

応援のためのフラッグで、コーナーキックを蹴ろうとしている

相手チームの選手を攻撃するなんてありえないでしょ。

相手に対するリスペクトのないやつが、

スポーツに関わっちゃいけないって。

前にこのブログでも書いたけど、

スポーツをやる人、見る人、関わる人には、

「ルール」・「相手」・「審判」をリスペクトする気持ちがないとダメなんです。

「ルール」・「相手」・「審判」は、

ゲームを構成する重要な要素で、

これらが存在しなければゲームは成り立ちません。

いま改めてスポーツマンシップについて考えてみる。《拙ブログ》

事件を起こした当事者には厳罰を求めますし、

こういった事件が起こらないように、

スポーツに関わる全ての人に、

改めてスポーツマンシップについて考えてもらいたいと思います。

''“暴動”続発 大荒れの柏−鹿島戦《IZA》''

> 柏−鹿島戦の前半、CKをけろうとした柏のアレックスが、鹿島サポーターがゴール裏スタンド席から伸ばした応援旗で頭をたたかれるトラブルが起きた。選手にけがはなかった。柏と鹿島はたたいた人物を既に特定しており、今後はスタジアム出入り禁止など処分について協議する。Jリーグにも報告する。~~ また両軍サポーター間で試合前と試合後に衝突が続き2人が負傷した。開始前には入場口で小競り合いとなり、柏サポーターの1人が唇を切った。試合後はバックスタンド裏でもみあいとなり、鹿島サポーターの1人が額を切った。現場には警察官計70人が駆けつけ、一時騒然となった。~~ 試合を主催した柏によると、警察への被害届は出ていないという。柏では2005年4月の名古屋戦で、アウェーサポーター席に柏サポーターが乗り込む暴動などが起きている。

鹿島サポーターの狼藉 フラッグで柏選手を攻撃《youtube》

http://jp.youtube.com/watch?v=wYLiCwUOWD4

<wiki版の関連記事>

[[鹿島アントラーズ]]、[[柏レイソル]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  

Posted by achakun at 13:48Comments(0)TrackBack(1)

2008年03月13日

'08ACL開幕

今年もアジアチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕しました。

昨年度優勝の浦和レッズは、本戦トーナメントから、

鹿島アントラーズとガンバ大阪は予選からと

Jリーグから3クラブが出場します。

そして、アントラーズとガンバが、

昨日、予選1試合目を戦いました。

J覇者の貫禄見せつけた!鹿島、アウェーで9点奪う爆勝!《サンスポ》

G大阪、後半ロスタイムでやっとドロー…サポーターからは罵声《サンスポ》

アウェーで対照した鹿島は、実力を発揮したからいいとして、

ホームで格下相手に、やっとこさのドローだったガンバは何しているんだろう。

とはいえ、ACLは始まったばかり。

先日このブログで、昨年ACLで頑張った川崎が、

アジアで人気だということを書きましたが、

ACLの副産物?《拙ブログ》

そんな川崎もホームで格下相手にやっとのドローだったこともありました。

勝点2を失ったフロンターレ ACL第2節川崎対バンコク《拙ブログ》

ガンバもまだまだこれからですよ。

Jを代表して出場する3クラブは、

Jの実力を存分に見せ付けて、

ぜひとも優勝して、年末のクラブワールドカップに出場してもらいたいと思います。

<wiki版の関連記事>

[[ガンバ大阪]]、[[鹿島アントラーズ]]

[[浦和レッズ]]、[[川崎フロンターレ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 08:51Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月01日

Jのレフェリーの人材不足はそんなに深刻なのか? ゼロックススーパーカップ鹿島対広島

来週のリーグ開幕を控えて、1週間前の今日は、

前年のリーグチャンピオンとカップウィナーが戦う

恒例のゼロックススーパーカップ。

去年は、鹿島がその両方を取ってしまったため、

今年のスーパーカップは、カップ戦(天皇杯)の準優勝クラブ、

広島が鹿島と戦う組み合わせになりました。

風はきつかったけど、日差しが心地いい中行ってきましたよ国立競技場。

でもね、でもね、試合のほうはね、、、

Jリーグは2010年に観客動員を1100万人まで増やそうと、

現在イレブンミリオンプロジェクトを実施中。

各クラブが必死に営業努力して、

新規に見に来てくれるお役さんを増やそうとしたり、

1回見に来てくれたお客さんをリピーター化しようと頑張ったり、

観客を増やそうと努力しています。

観客を増やす努力のこれが地上戦としたら、

空中戦は、やはりテレビ放映でしょう。

普段サッカーに接することのない人たちが、

テレビ中継を見て、今度一度スタジアムに行ってみようと思ってくれたら、

非常にありがたいことです。

なかなか視聴率が取れずに地上波のテレビ中継が少ない昨今、

カップ戦の決勝や、リーグ終盤の優勝のかかった試合、

人気のあるチーム同士の試合が数試合流される程度です。

なので、テレビ中継がある試合は、貴重な機会です。

今日は白熱した試合をして、

一般視聴者にアピールするその数少ないチャンスだったはずなのです。

なのに、なのに、試合のほうはね、、、

一人の審判によって、

試合の面白みがぶち壊されてしまいました。

本日主審を務めた彼は、一昨年レフェリングが不安定だということで、

1カ月間の研修が課せられた人物。

その彼を、今年も始まるぞーって気分が高まっているこの試合に、

衆目が集まる大事な試合に、

なぜ主審として持ってくるんですか?Jリーグは。

一般のファンにとっては、誰が審判を務めるのかは、

特に話題にもならないし、関心もないのだろうけど、

サッカースタジアムに通いなれたファンにとっては、

主審が彼だと聞くと、「今日は試合がぶち壊されるな」と落胆するのです。

(ぶち壊しになった試合を楽しめる人にとっては

 それなりに面白いのだろうけれども)

今日も(ある意味)期待通りに、

*カードを連発し、

*前半早々に鹿島から退場者を出したかと思えば、

*帳尻を合わせるように前半終了間際、広島からも退場者を出し、

*試合の半分以上10人対10人の試合を見せ、

*よく分からないところでPKを取り、

 (これは、僕から見て反対側のゴールだったので

  ファウルかどうかがわからなかったのだけれど)

*最後のPK戦では、

 (傍から見ていると鹿島に嫌がらせをしているというか思えないのだが)

 2回キーパーのファウルを取って、広島のやり直しを認めたり、

*PK戦の決着がついた後、

 抗議に来た鹿島の選手に最後の締めとして

 赤紙1枚、黄紙2枚の乱発ぶり。

と、やりたい放題やってくれました。

2008 ゼロックススーパーカップ 結果《J'sゴール》

勝った広島にケチつけるつもりは毛頭ないし、

勝ったことを祝福したい気持ちいっぱいだし、

負けた鹿島のサッカーもよかったと思うし、

前年の覇者として今年もやってくれそうな期待感いっぱいだし。

けどけど、全然すっきりしないんだよなー。

リーグとしては、イレブンミリオンプロジェクトを完遂するためには、

今日のような晴れの舞台には、クオリティの高い試合を持ってきて、

存分にアピールするべきなのに、

なぜ試合のクオリティを下げることしかできない彼を主審に持ってくるんですか?

Jリーグは、本当にこの試合を大事に考えていたのでしょうか?

それとも、イレブンミリオンプロジェクトを完遂する気がないのでしょうか?

それとも、彼よりもましな審判が本当にいないのでしょうか?

イレブンミリオンプロジェクトは、スポーツで豊かな国になるために、

必要な一里塚だと僕は考えています。

だからこそ、たかが1試合の一人の話かもしれないけれど、

このままでいいとは全然思えないのです。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/f/e/febd6101.jpg

↑試合前、整列する両軍の戦士たち。いやがおうにも気分が高まります。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/4/24c6ce6a.jpg

↑ビックフラッグで盛り上げる鹿島サポ。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/4/747724d2.jpg

↑対するこちらは広島サポ。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/c/c/cc6ab838.jpg

↑広島のキックオフで試合はスタート。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/5/7/57ba82fa.jpg

↑カードを連発する、ある意味今日の主役さん。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/e/c/ec06b8d0.jpg

↑本山のファインゴールで先制点を奪い、喜ぶ鹿島の選手たち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/d/e/de14af8c.jpg

↑久保のPKで、1−2と1点差に。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/9/49417244.jpg

↑同点となるヘッドを決め、コーナー付近で喜ぶ寿人たち。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/7/c/7c141051.jpg

↑PK戦。最後のキッカー寿人が決めて、広島勝利!

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/a/c/acf0f827.jpg

↑PKを決めて仲間のもとに駆け寄る寿人。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/b/d/bd4dec12.jpg

↑試合後乱入する鹿島サポ。気持ちは分からなくはないが、絶対にやっちゃダメだって。

<wiki版の関連記事>

[[鹿島アントラーズ]]、[[サンフレッチェ広島]]、[[私の観戦記]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 18:10Comments(8)TrackBack(0)

2007年12月31日

今シーズン最後の観戦 天皇杯準決勝川崎対鹿島

今シーズン最後の観戦として、

天皇杯準決勝を見に、国立に行ってきました。

ここ最近実力をつけてきた川崎フロンターレと

今シーズンのJ1覇者、鹿島アントラーズの対戦。

サイドを有効に使ったり、縦への速さを生かしたりと、

攻撃力の見た目は川崎のほうが優勢でしたが、

後半、すばやい縦の攻撃から本山が決めて、

それを最後まで守りきって、鹿島が勝利しました。

非常にレベルの高い試合でした。

来年も、こういったたくさん見たい名と思いながら帰路に着きました。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/d/9d4ce136.jpg

↑試合前盛り上がる鹿島サポーター

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/6/d/6d4132f2.jpg

↑川崎もチームカラーのフラッグでで盛り上げる

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/d/2/d2231bbf.jpg

↑鹿島のキックオフでスタート

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/5/6/56600c78.jpg

↑夕焼けに照らされたスタジアム。きれいでした。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/b/4bdba77e.jpg

↑本山のゴールが決まって喜ぶ鹿島の選手たち

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/5/4549ec66.jpg

↑試合終了。鹿島の決勝進出が決まりました。

<wiki版の関連記事>

[[川崎フロンターレ]]、[[鹿島アントラーズ]]、

[[私の観戦記]](←07年分更新しました)

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○ランキングに参加しています。クリックでぜひご協力を○

  
Posted by achakun at 09:43Comments(2)TrackBack(0)

2007年12月02日

2007年のJ1、勝利の女神は10冠鹿島に微笑む

最後まであきらめなかった鹿島を褒めるべきか、

最後に失速してしまった浦和を嘆くべきか。

''鹿島9連勝大逆転vで10冠達成/j1《ニッカン》''

''鹿島が逆転優勝、6年ぶり5度目 サッカーJ1《朝日新聞》''

''鹿島快勝、奇跡の逆転V…浦和が横浜FCに敗れる《読売新聞》''

''鹿島が6年ぶり5度目V 9連勝で浦和を劇的逆転《サンスポ》''

''鹿島が劇的逆転!6年ぶり5度目のV《デイリー》''

試合が始まる前までは、

なんだかんだ言って最後は浦和が凌ぎ切るんだろうなと思ってました。

まさかこんな結果になろうとは。

鹿島はこれで10冠目。

Jクラブでは初です。

永年積み重ねてきたものの重みを改めて感じさせられます。

ここ数年は、

アジアチャンピオンになったレッズと、

それに対抗する西のガンバの二強といった趣がありましたが、

そこに待ったをかけたアントラーズ。

来年は、当然この3チームが優勝争いの軸になってくるでしょう。

また、この3チームはACLに出場します。

この3チームには、JにACLに大いに盛り上げていってもらいたいものです。

<wiki版の関連記事>

[[鹿島アントラーズ]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/2/f/2fb68024.gif

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

  
Posted by achakun at 01:35Comments(0)TrackBack(8)