2007年11月03日

マリノスは、「アウェーのお客さんいらっしゃい」作戦

当然ホームスタジアムには、ホームチームのサポーターがたくさん集まって、

声援を送ったほうが、当然ホームアドバンテージがあるわけですけれども、

マリノスでは、アウェーのお客さんに来てもらうために、

アウェーチームのチケットの販売網を使って、

チケットの販売のテストを今度の10日の鹿島戦でするそうです。

''横浜「大リーグ式」で敵サポーター集客だ《ニッカン》''

> 横浜が「大リーグ式チケット販売」で、敵サポーター大量集客を目指す。10日のホーム鹿島戦で、相手クラブに入場券販売を委託する方式をテストする。販売価格の2割近い手数料を払い、相手の持つ充実した地元販売網を利用。販売大幅増が期待される。~~ ~~ これまでは「相手サポを呼び込んでは不利になる」とされ、アウエー側集客は避けられた。だが斎藤社長が掲げた「2010年に集客100万人」という目標に対し、今季は残り2試合でいまだ通算約36万人。集客伸び悩みに、クラブは意識を変えた。~~ ~~ 関係者は「よく集まった川崎F戦でも、アウエー側は6000人程度。浦和戦でさえ、1万5000人程度しかこない。それ以上に自軍サポを呼べばいいだけ」と言い切った。両軍サポーターがスタンドを埋めてこそ「劇場効果」が期待されるとの見方もあり、「タブー」を破る。~~ ~~ 販売システムや「どの層がどれだけチケットを買う」といった販売データの共有は、米大リーグで成功している。Jでは新しい方式だが、成功の公算は高い。同関係者は「来季以降はこちらも販売網を貸したい」と話す。お互いに集客がアップすれば、Jリーグの「10年に集客110万人達成」という目標も近づく。~~ ~~ ホーム最終戦の24日新潟戦に向けても、新潟との販売委託交渉が順調に進んでいる。優勝・降格ともに可能性がない横浜だが、集客力のあるクラブとの2試合は、来季の本格導入へ向けた絶好のテスト機会だ。

こういった試みは、ユアスタや埼スタでは必要ないでしょう。

なぜなら、普通にスタジアムのキャパの7割から8割は観客が埋まるからです。

でも、マリノスがホームスタジアムとしているのは、日産スタジアム。

言うまでもなく日本で最大のスタジアムです。

観客が3万人入っても、閑散とした感じが出てしまうスタジアムです。

そんなスタジアムですが、やっぱり観客が入ると

圧倒的な雰囲気を醸し出します。

この間9月のレッズ戦は、5万人近い観客が入り、

盛り上がりました。

まずは、マリノスとしては、こういった盛り上がりを演出するために、

観客を集めることが必要でしょう。

日本最大のキャパを持っているメリットを存分に活かしてもらいたいと思います。

マリノスに限らず、フロントにはフロントのやれる範囲での

営業努力があるはずです。

こういった努力によって、どんどんとクラブやリーグ全体を

盛り上げていってもらいたいと思います。

<wiki版の関連記事>

[[横浜Fマリノス]]

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/4/1/41fddefb.jpg

ネットの本屋さんはじめました。

Jリーグ100チームを目指してBookStore

現在のおすすめは、[[蹴る群れ]]。

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

△ビジネス情報ならこちら!ビジネスブログランキング100選△

  

Posted by achakun at 02:19Comments(0)TrackBack(0)

2007年10月31日

Fマリノス、横浜国大と提携

横浜Fマリノスは、地元の横浜国立大学と提携することになりました。

''横浜F・マリノス、横浜国大と業務提携−若年層ファン獲得目指す《ヨコハマ経済新聞》''

> サッカーJリーグの横浜F・マリノスと横浜国立大学は10月31日、業務提携を締結した。サッカー教室などを通じた地域貢献や同チームの若年層のファン獲得を目指す。~~ ~~ マリノスは、同大学の学生や付属小・中学校の児童に対してコーチ3人を派遣し、サッカー教室を開催するほか、大学が発行する生徒や教員を対象にしたクレジットカード「横浜国大カード」と提携してホームゲームのチケット当日券を前売り価格で販売。横浜国立大学では、校内やグランドに試合告知のポスター、横断幕の掲示を行う。~~ ~~ マリノスの齋藤正治社長は「伝統のある学校と協力することができて大変うれしい。この試みを通じて地域貢献の場を広げたい」とコメントを寄せている。

国立の大学も、Jリーグのクラブと提携したりして、

その存在意義をPRして、生き残りを図っていかなければいけないんでしょうね。

<関連リンク>

横浜国立大学

<wiki版の関連記事>

[[横浜Fマリノス]]

ネットの本屋さんはじめました。

Jリーグ100チームを目指してBookStore

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

△ビジネス情報ならこちら!ビジネスブログランキング100選△

  
Posted by achakun at 13:05Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月14日

今度の横浜ダービーは最後のダービー?

8月11日に行われる横浜Fマリノス対横浜FC@日産スタジアムを

横浜Fマリノスでは、「最後のダービー」というコピーで、

ポスターを作ったみたいですが、なんか違和感を感じます。

''横浜が横浜FC挑発「最後のダービー」《ニッカン》''

> 横浜が8月11日の横浜FC戦(日産ス)に向け、過激な宣戦布告をした。15日から1万枚が張られるポスターのロゴは「最後のダービー」。今年の最後? いや今年で最後? というライバルの降格を示唆したとも取れるキャッチコピーだがクラブ関係者は「どう解釈してもらってもいい」とニヤリ。10万枚用意した告知ステッカーでも「この街にはF・マリノスがある」と挑発。現場もクラブの姿勢を支持しある主力選手は「前回、横浜FCはこっちを削りまくってきた。要はダービーは何でもありということでしょ」と納得だ。~~ ~~ 「三ツ沢の屈辱」が、優等生クラブを本気にした。3月10日、昇格直後の相手に0―1でまさかの敗戦。「負けて初めてダービーの価値が分かった。悔しくて仕方がない」と社内有志がプロジェクトを立ち上げ、リターンマッチで7万人を集める活動を開始した。~~ ~~ 予算は1試合としては異例の約1400万円。横浜駅西口などに試合告知用のユニホーム型垂れ幕も多数設置し、横浜ダービー公式サイトも設立する。6月は会員限定で半額入場券販売も。満員の声援で、逆襲に転じる選手を後押しする。~~ ~~ 8月11日は横浜と同じトリコロール(青・白・赤)を掲げるフランスが、第1次大戦で宣戦布告した日。84年同日にはレーガン米国大統領が「5分後、ソ連を爆撃する」と冗談を言い大騒ぎになった。8・11史上第3の“宣戦布告”が300万都市横浜を揺るがす。

このコピーの意図として、Fマリノス側では

横浜FCの降格を考えてのことでしょう。

でも、このダービーの勝敗と横浜FCの降格は、

直接は関係ありません。

横浜FCが、ダービーに勝っても降格することはあるでしょうし、

負けても残留することはあるでしょう。

そこに違和感を僕は感じます。

ダービーにかける意気込みを表すなら、

このダービーの勝敗にこだわったものにしてほしかったなと思います。

<wiki版の関連記事>

[[横浜Fマリノス]]、[[横浜FC]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

  
Posted by achakun at 09:02Comments(0)TrackBack(21)

2007年01月26日

マリノスタウンがグランドオープン

横浜Fマリノスが、横浜みなとみらい地区に建設中だった

マリノスタウンが27日にはグランドオープンし、

翌28日には一般公開されます。

''「マリノスタウン」がグランドオープン、28日から一般公開《ヨコハマ経済新聞》''

> 横浜F・マリノスは1月27日、みなとみらい地区61街区に新設中だった「マリノスタウン」(横浜市西区みなとみらい6)をグランドオープンする。~~ ~~ マリノスタウンは、横浜マリノス本社とグラウンド、クラブハウス、ショップ、レストランなどで構成される同クラブの新たな拠点となる複合施設。総事業費は推定20億円。昨年までに天然芝グラウンド、観戦スタンド、店舗棟が完成しており、今回の人工芝グラウンド2面、クラブハウス棟の完成をもってグランドオープンとなった。~~ ~~ オープン当日は、招待客やマスコミ関係者を対象にしたオープニングセレモニーのほか、クラブハウス施設の内覧や選手の練習見学も行われる。オープニングセレモニーには左伴繁雄社長や早野宏史監督、キャプテンの中澤佑二選手ら同クラブ関係者のほか、鬼武健二Jリーグチェアマン、中田宏横浜市長なども出席予定。一般公開は、翌28日に開催される「ファン感謝デー」で行う。~~ ~~ さらにグランドオープンに合わせ、みなとみらい線とのコラボ企画による「新高島駅マリノスタウン・ラッピング装飾」除幕式を新高島駅改札前で行う。開催は14時から。

マリノスタウンの完成により、

施設面では先行する浦和レッズに並んだといえるでしょう。

ただ、観客動員面や、ここ1,2年のチームの戦績を見ると

ちょっと差をつけられてしまっています。

緊縮財政で厳しい折ですが、

1チームだけ突出しているリーグは面白くないので、

マリノスにもがんばってもらいたいなと思ってます。

<wiki版の関連記事>

[[横浜Fマリノス]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在105位。(2007/01/26 08:00確認)

  
Posted by achakun at 08:51Comments(0)TrackBack(0)

2006年08月17日

ハーフタイムショーがお目当て J1第17節 川崎対マリノス。

※いまさらながらの観戦記パート5です。

8月12日は、サッカーを見にというより、

ハーフタイムショーを目当てに

等々力競技場に行ってきました。

J1第17節 川崎フロンターレ対横浜Fマリノス。

試合のほうは、前半開始早々、

田中隼磨のクロスがそのまま入って、Fマリノス先制。

それでも好調フロンターレは、15分過ぎ、

つい3日前に初代表として国立のピッチに立った、

我那覇のゴールで追いつく。そして前半終了。

ハーフタイムは、西城秀樹の歌謡ショー。

そして観客みんなでYMCA。

老若男女約2万人によるヤングマンはやっぱり楽しい。

川崎の恒例行事として毎年やってほしいな。

後半は一進一退の攻防が続くも、

ともに得点が入らず、1−1。

どちらかといえば、フロンターレの方が押していたので、

フロンターレが勝点2を損したといった感じかな。

ヤングマン目当てで来た人でも、

この日の試合のクオリティーがあれば、

また来てくれるんじゃないかな。そんな試合でした。

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/6/b/6b8a96d4.jpg

我那覇のゴールが決まって喜ぶフロンターレサポーター

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/2/92e1f3a9.jpg

ピンクの衣装を着た西城秀樹登場!

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/9/d/9d44c549.jpg

秀樹がバックスタンドに移動して、みんなでY・M・C・A!

http://livedoor.blogimg.jp/achakun/imgs/b/5/b5f71a42.jpg

最後は車に乗って颯爽と帰っていきました。

<wiki版の関連記事>

[[川崎フロンターレ]]、[[横浜Fマリノス]]

[[私の観戦記]]

○今の流行をチェック!サッカー人気Blogランキング○

↑サッカー部門で現在92位。(2006/08/17 00:30確認)

  
Posted by achakun at 01:41Comments(0)TrackBack(0)